各コース紹介

小学生コース

 当塾は小学校5年生以上を対象としています。特に小学生は算数で差がつくのが2年生と5年生のタイミングです。2年生では算数の基本となる「九九」「繰り上がり・繰り下がり」「位取り」を行います。5年生では学習難易度がぐっと上がり、「4年生までは算数が得意だった」という話をよく聞きます。

 また中学生になって途端に成績が下がったという話をよく聞きます。「中1ギャップ」という言葉もあるほどですが、中学生になったから成績が下がるわけではありません。小学校の内容がしっかり身についていないから成績が下がります。中学校の学習内容は、小学校で習う内容からつながっています。つまり、小学校のうちから基礎を固め、学習習慣をつけておくことが大切です。そのため、当塾では基礎力徹底をテーマとした学習を進めていきます。

 さらに英語に関しては中学入学後に苦労しないように、学校では行わない文法事項を学習し、中学入学後つまづかないような力をつけていきます。




中学生コース

 志望高校のレベルや現在の成績などに合わせたお子様専用のオリジナルカリキュラムで指導します。現在の高校入試は倍率が下落傾向にあります。そんな時代であるからこそ、高校受験で成長をしてほしく、『行ける高校』ではなく『行きたい高校』を目標に据えて学習をしていきます。特に公立高校受験では5教科平均的に得点を取ることが大切です。当塾では個別指導で苦手分野をしっかりと攻略し、まんべんなく得点源にすることを目指していきます。また、県立入試、私立入試を問わず内申点の重要さが増してきていますので、定期テストの時期には学校別テスト対策授業も実施します。そのために映像授業によるインプットだけでなく、問題演習を徹底的に繰り返すことで成果につなげていきます。進度、得意・不得意をきちんと見極め、的確な授業を進めていきます。

 基本的には学校進度に合わせた授業を予習ベースで行っていきます。しかし前学年で苦手な部分を残している場合は遡っての授業や、勉強が苦手な場合は復習授業で進めるなどの対応も可能です。上位校を目指したいお子様には、学校進度にこだわらず授業を進め、より難易度の高い問題にも取り組んでいきます。またどんな授業形式で進めたとしても、受験生は徹底した入試分析と対策授業で第一志望校合格に導きます。

高校生コース

 高校生コースでは1年生時点から志望校を決め、目標に沿った授業と進路指導をしていきます。大学受験はどれほど優れた先生に教わっても自分自身で取り組む時間が大切です。授業だけやって『あとは自分次第!』という塾や予備校もあります。大桜塾では忙しい高校生活と課題、受験勉強含めた勉強のペースを上手に作っていけるための志望校合格のプランニングを行います。また大学受験は年々多様化しているため、各学校に合わせた対策を早い段階から取ることが大切です。また、推薦入試を見据えた定期テスト対策にも力を入れています。個別指導であることを活かし、学校のテスト範囲に合わせた指導だけでなく、テスト後の振り返りと弱点の克服も欠かしません。テストを受けるだけでとどめず、しっかりと振り返ることで、受験に対応できる学力をつけていきます。

 高校では教科数が多くなるため、中学以上に効率的に勉強する必要があります。わからない分野をピンポイントで学習できる映像システムを用いることで全教科の勉強が効率よく行えます。また料金定額制のため、従来の個別指導では毎週決まった科目の授業でしたが、学校進度や理解度に応じて好きな科目を受講できます。更に、1人1席の専用ブースも用意しているのでいつでも勉強をすることが可能です。

定額通い放題で学力UP・目標達成

 従来、学習塾は時間やコマ数に応じて、授業料が増える仕組みでした。しかし、これでは経済的問題による制約が出てきてしまいます。そのため大桜塾では全学年定額で通い放題の料金体系とり、週に何コマでも学習することができます。学力UPさせたい生徒を最大限応援します。

全員に合わせた個別学習

 「学校のテスト対策をやりたい」「これまでの内容の復習を徹底的に」「どんどん進めて受験対策を」など、さまざまなリクエストにお応えできます。生徒さん一人ひとりのことを考え、カリキュラムを作成しますので、同じ学年の生徒さんであっても勉強している内容はそれぞれ異なります。理解度の速い生徒さんはどんどん先に進めることができますし、勉強に苦手意識のある生徒さんは無理せずにじっくり自分のペースで進めることができます。また、わからないところは何度でもわかるまで繰り返し勉強することができます。教室には必ず担当がいますので、疑問点はいつでも質問できます。苦手なお子さんは、焦らずに一つ一つをしっかり克服することで自信をつけます。得意なお子さんは、どんどん先に進むことができ、学校では教わらないレベルの問題にチャレンジします。